シーハウ情報ナビ » スクリーン » プロジェクターの投射距離ってなに?

プロジェクターの投射距離ってなに?

2013.01.22

プロジェクターの投射距離を確保しよう


視聴位置からスクリーンまでの距離を 視聴距離 と呼ぶのは説明しました。投射距離というのは
プロジェクターからスクリーンまでの距離のことです。

より正確には、プロジェクターのレンズ先端からスクリーン幕面までの直線距離の事です。

プロジェクターというのは投影機器なので簡単に言うと懐中電灯と同じです。懐中電灯を壁に近いところで投射すれば小さく明るく映るし、壁から懐中電灯を離していくと 映像は大きく暗くなっていきます。


プロジェクターでもこれは同じで、例えば100インチの映像を映したいなら ある一定の投射距離を
確保する必要があります。

以下は一例ですがエプソンの EH-TW8100の投射距離表です。


注意しなくてはいけないのは プロジェクターは機種によって投射距離が違うということです。
一般的なホームシアタープロジェクターは100インチを映すのに3m、あるいはもう少しの
投射距離が必要です。

この機種の場合は100インチ(ワイド)映像を映すのに298~636cmの距離が必要です。プロジェクターにズーム機能がついているのでこの距離の間であれば100インチにする事が可能だという意味です。

視聴距離からスクリーンサイズを120インチにしよう! と決めても投射距離の関係(部屋の大きさ)から100インチに下げざるを得ないということもよくある話です。

by店長

:::end:::

コメントは受け付けていません。