シーハウ情報ナビ » スクリーン » スクリーンのメカを決めようーチェーンスクリーン編

スクリーンのメカを決めようーチェーンスクリーン編

2013.01.29

コスト優先ならチェーンスクリーンの選択も。

本日はチェーンスクリーンのご紹介をしたいと思います。スクリーンの右端、
あるいは左端にプラスチックチェーンがあり、それを引っ張ることにより昇降操作する
スクリーンです。

(写真は16:9ブラックマスク100インチチェーンスクリーンBCH2214GMです)

チェーンスクリーンのメリットとしては以下の通り。

電源コンセントが不要なので設置が簡単。
電動タイプと比べてコストが安い
手動で簡単にスクリーンを昇降できます。
軽量なので設置作業がしやすい。100インチブラックマスクタイプで
 5.6kgです。

製品の信頼性、耐久性は高く、10年保証を実現しております。チェーン、及び内部メカの
耐久性も高く、50,000回の昇降テストもクリアしています。

チェーンスクリーンのデメリットとしては高さ停止位置のメモリーがないので
手動で高さ微調整する必要がある、チェーンがじゃまになる場合があるの2点だと
思います。

一番売れているサイズは
●ホームシアター用途なら100インチブラックマスク付きスクリーンBCH2214GM です。
●プレゼン用途ならマスクフリー 4:3 100インチBCH2033WH となっています。

 

by店長


:::end:::

コメントは受け付けていません。