プロジェクター設置場所の設置準備  新築ホームシアター事前の準備(4/7)

NO IMAGE

プロジェクター設置の下地も準備しておきましょう!

プロジェクターは床置き(テーブル置き)、天吊りとの2種類が考えられますが
天吊りする事を強くお勧めします。

理由として

●床置きでは邪魔になる。
●プロジェクターの前を人が横切ると影が出やすい
●電源コードとか映像ケーブルが床を這うので邪魔
●毎回使う度にプロジェクターを出してくる場合、映像位置が変わるので
 位置合わせが大変

 
毎回使う度にプロジェクターをテーブルの上に出してくる というのは一見
いつもはすっきりしていてイイと思うかもしれませんが、上記の問題で
結局はプロジェクターを段々と使わなくなってきてしまいます。

その点、天吊り設置であればリモコン一発で起動でき、映像の位置も毎回
全く同じ
なので非常に便利です。

tentsuri

プロジェクターを天吊り設置する準備として以下4点が挙げられます。

●プロジェクターをスクリーンの真正面に位置させます。
 正確には スクリーン中心の延長線上に プロジェクターのレンズが来るように
 設置します。
●スクリーンとプロジェクターの距離(投射距離)は事前にプロジェクターメーカーの
 HPで確認しておいて下さい。

●プロジェクターをつけるところ、天井の下地にはコンパネを入れておく事も
 必要です。

●プロジェクターの近くに2口コンセントを設け、1つはプロジェクターの電源、 
 もう一つにはHDMIケーブルを出してプロジェクターにつなげます。

 
tentsuri2

また、以前にも書いていますが DVD/ブルーレイレコーダー ~ プロジェクター
間には CD管 を入れておいて下さい。後日これにHDMIケーブルを通し、
両端を機器につなぎます。HDMIケーブルのコネクタ端子は意外と大きいです。
CD管の直径は36φ(36mm)を入れておくと安心でしょう。こうしておけば
ゲーム機等別のケーブルを追加で通すことも可能となります。
 
CD管